組織的な授業改善

講座情報

講師:小林昭文さん
株式会社AL&AL研究所 代表取締役社長 元/産業能率大学教授
25年間の埼玉県立高校教諭を経て、河合塾教育研究開発機構研究員、産業能率大学経営学部教授に。2020年3月に教授職を退職し、現在はフリーで全国各地の学校の授業改善支援を行っている。授業実践としては、コーチング、メンタリング、カウンセリングといった理論を生徒への対応に早くから取り入れ、またエンカウンターグループやアクションラーニング等を授業に応用し、アクティブラーニング型授業として開発し注目された。研修講師としての登壇も多数。その特徴としては、授業改善に挑戦する先生を支援し、1人の教員の授業改善が学校全体の改革へと続く流れを作っている。

※この講座は「小林昭文 授業改善ゼミ」の一部を一般公開する形の講座になります。

テーマ

「主体的に学習に取り組む態度」をどう評価するか

講座コンセプト

新学習指導要領の評価の観点に「主体的に学習に取り組む態度」が入りました。このことは従来の「関心・意欲・態度」よりも「主体的・対話的で深い学びの実現」にむけて、より具体的に授業を組み立てていく大きな手掛かりになります。しかし、現実は曖昧な議論が繰り返されている感があります。
そこで、この講座では新学習指導要領の理念を踏まえ、教科授業の在り方について「深く考える手掛かりを得る」ことを目的にします。カリキュラムマネジメントや働き方改革も包含して考えます。

講座内容

現場の生々しい問題を材料にして、皆さんが具体的な実践に取り組めるようにすることを目標とします。

小林が以前から実践してきた授業の中で編み出した「態度目標と内容目標」「質問で介入する」「コンテントとプロセスに分けた振り返り」などはこの評価に役立ちます。1つのヒントとしてこれにつついて詳述します。また、学校内で評価について話し合うためのトレーニング方法についても紹介します。 

テキストは読書会に引き続き以下を使います。
「学習評価の在り方ハンドブック」https://www.nier.go.jp/kaihatsu/pdf/gakushuhyouka_R010613-02.pdf

1.事前視聴用動画とスプレッドシートによる質問と回答[非同期学習] 主体的に学習に取り組む態度」についての解説や評価の方法ついて小林さんが解説する動画(20~30分間)を配信します。これに対する感想・質問をスプレッドシートに記入してください。早めに記入していただいた内容については小林さんが当日より前に回答します。

2.研修会当日は基本的に「質疑応答」にします。[同期学習] Zoomのチャットに「質問があります」と記入していただいた順に指名します。基本  的には「先着順」です。ただ、回答につなげての質問はその場で受け付けます。

3.終了後にはスプレッドシートに感想・気づき・更なる質問を記入してください。3日以内に記入していただいた質問にはスプレッドシート上か、動画で小林さんが回答します。

講座日

◆日程 6月12日(土) 21:00~22:30

参加料金

会員  無料
非会員 3000円

講座の申し込み

こちらのフォームよりお申し込みください。

定額コース(月額2980円)にお申し込みの方はこちら

入会する(定額コース)

Follow me!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧