やってみよう!イエナプラン

講座情報

ゲスト:リヒテルズ直子さん
下関生まれ福岡育ち。九州大学大学院修士課程(比較教育学)修了、博士課程(社会学)満期退学。国際教育交流財団の奨学生としてマレーシアに研究調査留学(1981−83年)後、通算13年間オランダ人の夫とともにケニア、コスタリカ、ボリビアに在住。1996年よりオランダ在住。以後、オランダの教育とオランダ市民社会について自主研究を始め、多数の著作で発表。日本イエナプラン教育協会特別顧問(2010年設立時代表)。Global Citizenship Advice & Research社のオーナーとして、オランダにおける種々の研修や視察をコーディネートしているほか、日本で精力的に講演・ワークショップ活動を展開。種々の国際フォーラムや学会で基調講演を担当する(WNF日本支部国際教育フォーラム、日本LD学会、私立保育園連盟全国大会等)他、ユトレヒト大学の公開講座シリーズ(2010年)で講演(「近代という仮面の後ろの日本社会と日本の教育」)。主な著書に「オランダの教育」「オランダの個別教育はなぜ成功したのか」「オランダの共生教育(いずれも平凡社)「残業ゼロ、授業料ゼロで豊かな国オランダ」(光文社)「祖国よ、安心と幸せの国となれ」(ほんの木)ほか。共著に「いま、開国の時ニッポンの教育」(尾木直樹氏と・ほんの木)、「公教育をイチから考えよう」(苫野一徳氏と、日本評論社)「親子が幸せになる子供の学び大革命」(保坂展人氏と、ほんの木)。翻訳書に「学習する学校」(ピーター・センゲ他著、英治出版)「イエナプラン教育 共に生きることを学ぶ学校」(電子書籍3分冊、ほんの木)、DVDに「明日の学校に向かってーーーオランダ・イエナプラン 教育に学ぶ」(グローバル教育情報センター)など。

=====================
「学びの個別化・協同化・プロジェクト化の融合」
のひとつの形として注目されているイエナプラン
オランダ在住のリヒテルズ直子さんによる
待望の講座が実現しました!
=====================

今、イエナプラン教育を日本の学校に取り入れようという「大きな流れ」が生まれています。日本初のイエナプランスクールである「大日向小学校」の開校をはじめ、福山市や名古屋市の「公立小学校への導入」 も計画的に進められています。多くの先生たちがイエナプランに興味を持ち、自分の実践に取り入れたいと考えていま す。

しかし、ドイツで生まれ、オランダで育ったイエナプランは、日本では学ぶ機会が少なく、実践へのハードルを感じる先生が多いのが現状でした。

そこで、私たちは考えました。今、このタイミングで「先生たちにイエナプランを学ぶ機会」を提供できれば、日本の教育界に対する大きな貢献になるのではないか。そして、私たちはコンタクトをとりました。 日本イエナプランの最重要人物、リヒテルズ直子氏。

私たちは、リヒテルズ直子さんに、「みん職」の構想を伝えさせてもらいました。 オランダの教育の発信することで、日本の教育界への啓蒙活動を続けてこられたリヒテルズ直子さんなら理解してくださるだろうと。

その結果、リヒテルズ直子さんは「みん職」の思いに賛同してくださり、念願の講座が実現しました! オンラインで講座を作ってきた「みん職」だからこそ実現した、オランダ在住ゲストの長期講座!

〈 講座回数 全15回! 2年間継続! 〉
「やってみよう!イエナプラン」
講師:リヒテルズ直子

・2年間(60分 ×15回の講座)をかけて、イエナプラン第一人者から学ぶ (→初回のイントロダクション講座を受けて、残り14回の受講を決めることができます!)
・最新刊「イエナプラン実践ガイドブック」に沿って学ぶ
・Zoom講座では、聞くだけでなく、グループワークや質問でインタラクティブに学ぶ
・Slackでは、アウトプットをし、講師や参加者と交流しながら学ぶ
・オランダ在住のリヒテルズ直子さんの長期講座は、オンライン以外では実現不可能
このタイミングで、この講座を実現できたことの意義は本当に大きいです! リヒテルズ直子さんの講座を受けて、共に日本の教育を良くしていきましょう!!

◯「学びの個別化・協同化・プロジェクト化の融合」のひとつの形として注目されている
◯コンセプト(ビジョン):「ともに人生を学ぶ」「ちがいから学ぶ」

→異年齢学級:(例) 7歳、8歳、9歳が同じ学級として組織される
→対話サークル:1日の始めと終わりに、みんなで輪になり対話をする
→ブロックアワー:子ども自身が週の時間割を決め、自立学習を進める
→ワールドオリエンテーション:対話的な探究学習(イエナプランの心臓部)
→4つの基本活動:子どものバイオリズムに合わせたリズミックな時間割
※イエナプランは教育手法ではなく、コンセプトを示したものなので(オープンモデル)、各学校で子どもたちの状態 に合わせた教育手法が生まれている。

講座スケジュール(全15回)

第1回「イントロダクション」2019年8月18日(日)21:00~22:00
第2回 2019年10月20日(日)21:00~22:00
第3回 2019年12月15日(日)21:00~22:00
第4回 2020年02月23日(日)21:00~22:00
第5回 2020年4月19日(日)21:00~22:00

入会する(定額コース)

各回講座申し込み(1講座分)

Follow me!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧