【限定講座】学習する学級〜コロナ禍だからこそ問い直す学級のつくり方〜

講座情報

ゲスト:福谷 彰鴻(ふくたにあきひろ)さん
1.ベンチャー経営企画、米国ヘルスケア企業マーケティング部門等を経て、2012年よりSoL(組織学習協会)にてMIT上級講師で『学習する学校』著者ピーター・センゲの各種ワークショップの運営をサポート。10年にわたってセンゲに師事し、継続的なメンタリングを受けている。2018年よりコンサルティングファームに参画する傍ら、有志の教員らと「学習する学校」Labを企画・運営。ワークショップ等を通じて、学習する組織やシステム思考の教育分野への普及に従事。教員向けワークショプ、国立大学、中高一貫校等でシステム思考を学ぶプログラム設計の支援を行っている。Academy for Systems Changeフェロー。SoLジャパン世話人。クマヒラセキュリティ財団システム思考教育アドバイザーなどを務める。Hult International Business School MBA。ロンドン・シティ大学経営学修士。大阪大学人間科学部卒。
2.クマヒラセキュリティ財団、都内中学・高校、国立大等でプログラムアドバイザーを務める。米国経営学修士(MBA)取得後、ボストンで『学習する組織』『学習する学校』著者ピーター・センゲ博士のワークショップ運営をサポート。帰国後に国内教育分野での学習する学校のコンセプトや、システム思考の普及に向けたセミナーやコンサルティング活動を行っている。

\限定16名の特別講座のご案内/

《 みん職×学習する学校 》 
「学習する学級〜コロナ禍だからこそ問い直す学級のつくり方〜」 
 
日本中の先生が願い、目指している「自立・自律した学級づくり」。全国にはその優れたモデルが溢れています。
しかし、その中から自分の学級に当てはまるものを見つけるのは、簡単なことではありません。
なぜならもっと根本的なところを示していないものもあるからです。 
 
本講座では、「学習する組織」「学習する学校」の著者であるピーター・センゲ氏より直接学び、中高一貫校等でシステム思考プログラムの設計を支援している福谷彰鴻さん、通称”ふくちゃん”から 
■「学習する学校」を”学級づくり”に活かすには 
■「自律した学びへ向かう思考」を育むには
などについて学ぶ事ができます。
もちろん、「学習する学校」「システム思考」などは初見だけれど、大丈夫かな?という方も、具体的な実践例などからも学べる為、ご安心ください。 
 
また、その学習方法も実践的です。 
> 参加者で4人1組のチームを作る 
>> 講座とチームでのリフレクションを繰り返す 
>>> 日々の実践と講座での学びを行ったり来たりしながら、そのスキルとマインドを確実に身につける!
「学習する学校」「システム思考」の考え方を学び、実践を繰り返した2ヶ月後には、きっと世界の見え方が変わっているはずです。 
  
 

講座スケジュール

全5回  (隔週火曜日)  21:00〜22:00 
第1回目 :6月9日(火)「学習する学校について」 
第2回目 :6月23日(火)「システム思考のこと」 
第3回目 :7月7日(火)「ビジョンのこと」 
第4回目 :7月21日(火)「内省とダイアログ」 
第5回目 :8月4日(火)「システム思考再訪と最初の一歩の踏み出し方」 
※各チームで自主的にリフレクションタイムを設けることも可能です 

募集人数

限定16名 
※応募〆切は、6月9日(火) 20時となります。

対象となる方

・自立、自律した学級をつくりたい先生
・主任や管理職など、先生の学級づくりをサポートする立場にいる方
・「学級づくり」に関しての視野を広げたい方 
など、対象となる方は先生に限りません。 
 

受講料 (全5回分)

会員の方は、定額料金にプラス¥4,000円を頂戴いたします。
非会員の方は¥15,000円を頂戴いたします。

▼▼申し込みフォームはこちら▼▼
お申し込みはこちら
※フォームを送信後、講座へのURLと受講料のお振込みURLをメールにてお送りいたします。

入会する(定額コース)

Follow me!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧