with コロナ時代の教育フォーラム「教育の”近未来”を考えよう」

講座情報

好評を博した3月のフォーラムから約3ヵ月。 
この期間、コロナ禍によって環境が劇的に変化し、改めて学校の未来、教育の未来について想いを巡らせた先生方も多かったと思います。 
 
そして、全国的にほぼ通常の日程にて学校が運営されている今、みん職がこの時期だからこそお届けしたい新たなフォーラムを開催いたします。

『with コロナ時代の教育フォーラム
「教育の”近未来”を考えよう」』

日程・スケジュール

<日時>
2020年6/27(土)13:00-17:00

<タイムスケジュール>
13:00〜13:15 初めの会
13:20〜14:20 豊福晋平さん講演
—URL移動/休憩(10分)—
14:30〜15:45 江藤由布さん×堀尾美央さん、吉川牧人さん×正頭英和さん
—URL移動/休憩(15分)—
16:00〜17:00 「N高等学校」1〜4期生の方々によるトークセッション
17:00〜17:15 終わりの会
21:00〜 みん職BAR

講座情報

①豊福晋平さん
■テーマ
「コロナがつきつけた学校へのイエローカード~オンライン学習大流行の虚実〜」
■概要
コロナが突きつけた学校教育の課題は、授業へのオンライン活用に限らず、学校経営全体にイエローカードを突きつけたと言えるのではないか。情報社会の学びを実現する情報化の文脈に注目し、現実的な教育課題を解決に導くことを目標として研究を進める豊福晋平さんが、学校全体の課題を解き明かす。

②江藤由布さん×堀尾美央さん
■テーマ
「withコロナの時代を切り開く授業とは」
■概要
私立と公立、それぞれの立場にいるお二人が、このコロナ禍で取り組んできたことやそこから生まれた問題意識をもとに、これからの授業のあり方について探る。

③吉川牧人さん×正頭英和さん
■テーマ
「withコロナ時代に求められる学習者主体の教育とは〜オンラインとPBL〜」
■概要
これまでもICTを活用して先進的なアクティブ・ラーニングをデザインしてきたお二人が、このコロナ禍でこそ求められる「オンライン授業を生かした学習者主体の授業」について深める。

④「N高等学校」1〜4期生の方々によるトークセッション
■テーマ
生徒数急増で話題の「N高等学校」卒業生と現役生に聞く「実際どうなの?N高校」
■概要
2016年に設立し、わずか4年で生徒数15000人に迫る勢いのN高等学校。デジタル時代の新たな学校の形として今大注目されています。オンライン・ICTを日常的に使う広域通信制高校に、with コロナ時代の教育の大きなヒントがある…?!今回は、N高校の1〜4期生である4名の方にお越しいただき、N高校における教科の学び、教科以外の課外活動、毎日の生活、友達との関わり…など、現役の高校生と卒業生たちから「直接」話を聴けるチャンスです。「実際のところどうなんだろう?」「うちの学校でもできることがあるかな?」といったことにご関心がある方、是非ご参加ください。

講師紹介

豊福晋平さん

国際大学GLOCOM(グローバル・コミュニケーション・センター)准教授・主幹研究員。専門は学校教育心理学、教育工学、学校経営、教育情報化。近年の研究テーマは教育情報化政策、学習者中心の ICT 環境、学校 Web ページを中心とした学校広報、学校評価システムなど。「小中学校の一人一台PC配置」「GIGAスクール構想」等、今後の国内の教育ICT化の成功の鍵を握るキーマン。

堀尾美央さん
滋賀県高校英語教諭。2018年の「グローバルティーチャー賞」Finalist 50 に入賞。ICTを活用して、地方の公立校でもできる世界との交流の在り方を考え、Skypeなどを活用して生徒へ英語によるコミュニケーションの機会を継続的に提供。同賞入賞時点で25の国々とコミュニケーションを実施し、国を当てるゲームや複雑な議論など幅広い活動を行っている。現在は、Microsoft Teamsを活用し、公立高校におけるこれからの新しい学びのカタチを追い求め、試行錯誤している。

江藤由布さん
一般社団法人オーガニックラーニング代表理事。私立中高教諭。I am a mother first.がモットー。「人生の経営者を育てる」というビジョンのもと、自分で手綱を持って進める人の育成に勤めている。2015年Apple Distinguished Educator, 同年一般社団法人オーガニックラーニングを設立。私立学校教諭。6年前よりオンラインでリアルで、オーガニックラーニングの代表理事として日本中の同志とともに遊び・学び・つながるワークショップなどを行なっている。

正頭英和さん
立命館小学校教諭。京都市公立中学校、立命館中学校高等学校を経て現職。学級づくりや授業方法・小学校英語のワークショップなどをで全国を回る。平成29年から、英語の授業で『マインクラフト』を活用し、ゲームを通して海外の小学校と交流するPBL授業を行い、今年、教育界のノーベル賞”といわれる「Global Teacher Prize 2019」(グローバル・ティーチャー賞)のトップ10に、日本人小学校教諭として初めてノミネートされた。

吉川牧人さん
静岡県立掛川西高等学校/研修課長・ICT推進委員長。地歴公民科教諭として世界史を担当。2014年から掛川西高校に勤務。2016年から研修課長、2017年からICT推進委員長。学校生活の中で生徒が主体的にICT活用をできるよう、「Google for Education」の採用などのICT環境の整備に尽力している。

参加費

□みん職会員様:無料
□非会員様:4980円

お申し込みはこちら

こちらのフォームよりお申し込みください。
お申し込み後、講座案内と非会員の方にはお振込みURLをメールにてお送りします。

Follow me!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧