担任だけで抱え込まない支援のかたち 『気になるあの子のケース相談会』

講座情報

ゲスト講師:上田万里さん(公認心理師/特別支援教育士)
行政、NPO、社会福祉法人、フリースクールにて相談員を務める。障害のあるこどものグループ活動と保護者会の支援、不登校や進路に関する教育相談、ひきこもりや就労を含む生活困窮者支援などを経験し、こどもの将来を見据えた家族全体への支援を目指している。
コーディネーター:武田緑さん
Demo代表 / 教育コーディネーター / 人権教育・シティズンシップ教育ファシリテーター。民主的な学び・教育=デモクラティックエデュケーションを日本中に広げることをミッションとして、教育関係者向けの研修の企画運営、現場の課題解決のための伴走サポート、教材やツールの開発・提案、キャンペーンづくりなどに取り組んでいる。シティズンシップ教育、人権教育、オルタナティブ教育、学校と学校外の協働、子どもの参画、ファシリテーション、ワークショップデザインなどが専門。

「担任にベッタリくっついてくるのが気になる」
「宿題を家庭でサポートしてもらうのは難しそうだな」
「ちょっと服や髪から臭いが…」
「進学にあたって経済的に課題があるかも?」

こんな時、担任や、関わる教員には何ができるでしょうか。1人でできることには限りがあります。「丸抱えの共倒れ」にならないためには、学校内で他の職員の力を借りたり、外部の資源をうまく活用することが重要です。

このシリーズでは、子どもや若者、子育て家庭に関わる相談員として様々な現場で福祉的な支援に携わってきた上田さんをゲストに招き、レクチャーの後に参加者の先生たちの悩みや困り事を一緒に考えるケース相談会を実施します。
どうにかしたいけど、どうしたら….と思っている先生にお越しいただければと思います。

講座の日時

2020年9月12日(土) 20:30~22:00

講座の流れ

20:30 チェックイン(15分)

20:45 上田さんによるレクチャー(30分)
・学校でキャッチしたい家庭背景(虐待や貧困、生活・養育上の困難)
・学校内でできること、学校外の支援リソース
・事前アンケートをもとにした事例検討

21:15 ケース相談会(40分)
「そう言うけれど・・・むずかしい」「こんな場合はどうしたら?」などなど、参加者の皆さんと一緒に、具体的に何からどう動く?どうハードルを超える?と考えることを通して、子どもたち、生徒たちを支えるための選択肢を具体的に増やせる時間になればと思います。
※ケース相談会のパートは安心して話せる場にするため録画はしません。

参加方法

本講座に参加の方は、こちらのアンケートフォームをご記入ください。

参加費について

定額コースにお申し込みいただく方は、こちらよりご入会をお願い致します。

入会する(定額コース)

本講座のみお申し込みの方は、こちらより手続きをお願いいたします。

各回講座申し込み(1講座分)

Follow me!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧