世界の教育最前線 ~地球市民の育成のための教育とは~

講座情報

ゲスト:髙橋 一也さん 工学院大学附属中学校・高等学校 教頭
教育界のノーベル賞”とも称される「Global Teacher 賞」において日本人初となるTOP10に選出。レゴブロックを取り入れた教育プログラムや宇宙エレベーターコンテストへの挑戦などの独創的な実践が、国内のみならず世界からも注目されている。現在は、サバティカルを取り、オランダのユトレヒト大の大学院にて脳科学の教育への応用を研究中。大学院の授業には、10か月の愛息をベビーカーで連れて参加している(イクメン!)。

21世紀はグローバル化と多様性の時代。2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催を控え、国内においてもその波はますます加速していくことが予想されます。訪日観光客が激増していることはもちろんのこと、今後は様々なバックグラウンドやルーツを持つ人たちと一緒に働くことが当たり前になっていくことでしょう。

そこで今回は、近年日本でもいよいよ注目されはじめてきているPBL・アクティブラーニング・インストラクショナルデザインといった教育手法の研究者であり、また先駆的実践者でもある髙橋一也さんに、世界の教育の最前線について、専門家の知見を交えながらやさしく紹介&解説をいただく機会を作りました。

「教師の役割は、生徒が輝く場所をたくさん作ってあげること」と語る髙橋さんから、世界標準の教育について知り、広い視野で教育について考える時間にしていただけたらと思います。

講座スケジュール

第一回 2019年3月28日(木)21:00-22:00
第二回 2019年5月17日(金)21:00-22:00
第三回 2019年7月19日(金)21:00-22:00
第四回 2019年9月27日(金)21:00-22:00
第五回 2019年12月3日(火)21:00-22:00

入会する(定額コース)
入会月は無料で参加できます

申し込み(本講座のみ)

Follow me!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧