• HOME
  • みん職フォーラム講座一覧
2030年の教育〜個別最適化の学びと『学び合い』〜

3/21(土)10:00-11:30

【3/21(土)10:00-11:30】講師:西川純さん
プロフィール:筑波大学教育研究科修了(教育学修士)。都立高校教諭を経て、上越教育大学にて研究の道に進み、2002年より上越教育大学教職大学院教授、博士(学校教育学)。前・臨床教科教育学会会長。「一人も見捨てない」を理念とする『学び合い』(二十鉤括弧付き)の研究者であり提唱者。著書多数。
リバウンドと副作用を起こしつつある働き方改革

3/21(土)10:00-11:30

【3/21(土)10:00-11:30】講師:妹尾昌俊さん
プロフィール:教育研究家・学校業務改善アドバイザー(文科省委嘱) 学校教育を専門に、学校マネジメントや学校と地域との連携、自治体や民営化企業等、公的組織のビジョン・戦略づくりなどに10年以上従事。数多くの学校現場や行政等への調査分析、コンサルティングを実施。教職員や学校支援する保護者・住民等向けの研修講師や、文科省での講演、委員、調査のプロジェクトリーダーを担う。
時間割も学習内容も子どもが決める、流動型『学び合い』の授業づくり

3/22(日)13:00-14:00

【3/22(日)13:00-14:00】講師:高橋尚幸さん
プロフィール:学び合い、高め合い、学び続ける子供たちを育てるための教育実践を行う。授業においては『学び合い』を実践し、2020年春『流動型『学び合い』の授業づくり』(小学館)を出版。教育実践グループ「みゆき会」所属。福島県浜通の未来を切り開く子ども達を育てていくことを目指す。
地方の教員・学校と伴走する中で考えていること

3/22(日)14:30-16:30

【3/22(日)14:30-16:30】講師:石川晋さん×地方の先生
プロフィール:1989年北海道中学校教員として採用。2017年3月に退職。2019年度は幼稚園から小中高、大学、特別支援学校などを1年間に約200校訪問し、国語・道徳・合唱の授業を260時間強実施の予定。校内研修づくりやオンライン対話等、全国の学校や教員に伴走しながら活動を続ける。執筆に携わった本は150冊を超える。NPO法人授業づくりネットワーク理事長。日本児童文学者協会会員。
答えのない未来に生きる子どもを育てる「21世紀型教育」(課題図書:「先生、この問題教えられますか」)

3/22(日)13:00-14:00

【3/22(日)13:00-14:00】講師:石川一郎さん
プロフィール:聖ドミニコ学園カリキュラムマネージャー。暁星国際学園、ロサンゼルスインターナショナルスクールなどで教鞭を取り、かえつ有明中高等学校教頭を経て、15 年に香里ヌヴェール学院学院長就任。「アクティブラーニング」をかえつ有明中高で実践、2011 年に教師の研究組織「21 世紀の教育を考える会」を立ち上げ、幹事を務める。
挑戦し続ける熊本市の教育改革

3/22(日)10:00-11:30

【3/22(日)10:00-11:30】講師:遠藤洋路さん
プロフィール:東京大学法学部卒業後、ハーバード大学行政大学院修了(修士)。文部科学省で生涯学習政策、学術交流政策、知的財産政策などを担当。2010年退職後、政策シンクタンク「青山社中株式会社」を創業。また2014年4月より法政大学キャリアデザイン学部の兼任講師として、「現代教育思想」の授業を担当。2017年度より現職。令和の時代にふさわしい学校像の構築を目指し、熊本市の教育改革を推し進めている。
協働的なリフレクションで授業をつくる

3/22(日)10:00-11:30

【3/22(日)10:00-11:30】講師:上條晴夫さん
プロフィール:東北福祉大学教育学部教授。大学卒業後10年間勤めた小学校教師を辞め、児童ノンフィクション作家、教育ライター、教育雑誌編集長を経て、東北福祉大学に勤める。お笑い教師同盟代表やリフレクションlab理事長を務める。専門は、教師教育学、教育方法学、ワークショップなど。
鉛筆、消しゴム、タブレット〜学習必需品となるICT〜

3/22(日)10:00-11:30

【3/22(日)10:00-11:30】講師:豊福晋平さん
プロフィール:国際大学GLOCOM(グローバル・コミュニケーション・センター)准教授・主幹研究員。専門は学校教育心理学、教育工学、学校経営、教育情報化。近年の研究テーマは教育情報化政策、学習者中心の ICT 環境、学校 Web ページを中心とした学校広報、学校評価システムなど。「小中学校の一人一台PC配置」「GIGAスクール構想」等、今後の国内の教育ICT化の成功の鍵を握るキーマン。
社会をつくる子どもを育てる〜授業にSDGsを〜

3/21(土)13:00-14:00

【3/21(土)13:00-14:00】山藤旅聞さん×山本崇雄さん
山藤旅聞さん:都立高等学校・附属中学校の教諭を経て、2019年に新渡戸文化小中学校・高等学校の教諭として着任。対話式双方向性授業と名付けるユニークな授業スタイルで展開している。一般社団法人『Think the Earth』のSDGs for Schoolではアドバイザーとして、企業や学校で「出前授業」や講演活動も実施。東京・檜原村の耕作放棄地でオーガニックコットンを育てたり、ボルネオ島へのスタディツアーを企画するなど幅広く活動。『未来教育デザインConfeito』共同設立者。
山本崇雄さん:東京都公立中学校、高等学校を経て、2019年度より新渡戸文化小中学校・高等学校、横浜創英中学校・高等学校で英語教師として教鞭をとるかたわら、日本パブリックリレーションズ研究所主任研究員、アルクテラスClearコミュニティデザイナー、ゲイトCSR教育デザイナーなど複数の企業でも活動。2017年には日々変化する社会の中でも自律して行動できる子どもが育つ新しい教育のあり方を提案するプロジェクト「未来教育デザインConfeito」を設立。講演会、出前授業、執筆活動を精力的に行っている。
栢之間倫太郎さん:東京都の公立小学校にて勤務した後、2019年度より新渡戸文化小学校の教諭(社会科)に着任。公立校においては、JICA東京が主催する「教師海外研修」でザンビア共和国を訪れたことをきっかけに、SDGsの視点で子供たちが自由にプロジェクトを立ち上げるPBLを実施。子供たちが自律的に学ぶ場の創出に尽力する。また、東京都が任命する教員採用ナビゲーターとして広報活動も担った。  現在は、さらに子供の自律を支える教育を目指し、新渡戸文化学園で本質的な教育改革に注力。教科指導においては、社会科の視点から社会課題を解決するCBL (Challenge Based Learning)を実施している。企業とのコラボレーションによる、小中学生向けワークショップにも取り組む。あり方を提案するプロジェクト「未来教育デザインConfeito」を設立。講演会、出前授業、執筆活動を精力的に行っている。
ミドル世代ダイアログ

3/21(土)14:30-16:30

【3/21(土)14:30-16:30 C】坂本良晶さん×正頭英和さん×木村彰宏さん×かわひ〜さん
坂本良晶さん:1983年生まれ。京都府公立小学校教諭。採用8年目。大学卒業後、大手飲食店チェーンに勤務し、兼任店長として全国一位の売上を記録。教員を目指し退職後、通信大学で教員免許を取得。翌年教員採用試験に合格。2017年、子どもを伸ばしつつ、教員の働く時間を減らそうという「教育の生産性改革」に関する発信をTwitterにてスタートし、現在フォロワー数は14000人を超える。教師に向けての教育イベント「watcha!」や関西教育フォーラム等でスピーカーとして登壇。
正頭英和さん:立命館小学校教諭。京都市公立中学校、立命館中学校高等学校を経て現職。学級づくりや授業方法・小学校英語のワークショップなどをで全国を回る。平成29年から、英語の授業で『マインクラフト』を活用し、ゲームを通して海外の小学校と交流するPBL授業を行い、今年、教育界のノーベル賞”といわれる「Global Teacher Prize 2019」(グローバル・ティーチャー賞)のトップ10に、日本人小学校教諭として初めてノミネートされた。
木村彰宏さん:京都府出身。大学卒業後、岩手県にて復興支援NPOに就職し、岩手県沿岸の子どもたちの学習・居場所づくり支援を行う。その後、 2014年4月からNPO法人 Teach For Japan の第2期フェローとし て奈良県内の公立学校に教員として赴任。2016年3月末のフェ ロー任期終了を受け、現在は東京にて株式会社LITALICO人材開 発部に所属しながら、島根県津和野町の幼児教育アドバイザーや、 一般社団法人こたえのない学校のファシリテーター、小学生から 大学生までの教育など、様々な活動に従事しながら子どもから大 人までの学びや変容の機会の創造に関わっている。
かわひーさん:大阪市中学校教員。月100時間の残業を1年で80%以上減らしたホワイトティーチャー。先生が働き続ける中で「余白」を生み出すことの必要性を訴え、教育界に一石を投じている。組織として働き方改革に取り組む方法や、改革の際に個人から組織にアプローチしていく効果的な方法など、職員室の組織開発にも精通。watcha TOYOTA登壇。
学年団を最適化するリーダーシップ 〜個性×協同〜

3/21(土)13:00-14:00

【3/21(土)13:00-14:00】井上拓也さん×あお先生
あお先生:神奈川県小学校教諭。子育てしてる先生なのに、ブログ書き続けて700日、月90000pv達成しているブロガーの一面も。その中で、学年主任としての仕事術にも言及している。今年度は2児の育児を優先したフレックス勤務へシフトし、新しい学校のカリキュラム作成等にも参加中。マルチポテンシャライトを実践する先生。
井上拓也さん:小学校教諭。「変革5M」をキーワードとし、学年という身近な教師集団を支える学年主任としての在り方などを中心に発信し続ける。学び合い高め合う水泳授業や夢中になる体育授業についても具体的実践を日々発信。「No Limit!! New Record!!」をテーマに、先生として働きながら、水泳でも自己ベストを追求し続けているスイマー教師。
学校事務は、実はプロデューサーだ!〜つなぎ、つくるわたしたちの仕事〜

3/22(日)13:00-14:00

【3/22(日)13:00-14:00】古城郷さん×上部充敬さん
古城郷さん:同志社中学校 校務センターチーフ。学校事務職員として、庶務全般と教務を担うほか、副校長・教頭・総務主任といった主たる校務の補佐も行う。また私立学校の経営に欠かせない入試広報にも手腕を振るう。また、管理職と教職員のコミュニケーションを円滑にするハブ的存在でもあり、自らも地域連携の課外プロジェクトを生徒たちと共に実践。自由な校風として知られる同志社中学校の運営を支える「学校職員の近未来像」の探求者。
上部充敬さん:横浜市立日枝小学校 学校事務職員。持続可能な教育の質向上のために、一人ひとりが個性を活かしながらチームとして働き、充実感を得られる働き方へと変えていく必要があると感じ、教職員でチームを組み、アイディアを出し合い、民間企業の取り組みも参考に、動線やコミュニケーションのとりやすさを考慮しつつ、より働きやすさを意識した職員室レイアウトを実現するなど、学校事務という立場から、学校の働き方改革に貢献する。”Nits cafe”で「事務職員発‼︎職員室改革を通した働く場改革」を講演。
教育と福祉の間から見えるもの 〜学校が子どものSOSをキャッチするために〜

3/21(土)14:30-16:30

【3/21(土)14:30-16:30】今井紀明さん×武田緑さん
今井紀明さん:1985年札幌生まれ。立命館アジア太平洋大学(APU)卒。高校生のとき、イラクの子どもたちのために医療支援NGOを設立。その活動のために、当時、紛争地域だったイラクへ渡航。その際、現地の武装勢力に人質として拘束され、帰国後「自己責任」の言葉のもと、日本社会から大きなバッシングを受ける。結果、対人恐怖症になるも、大学進学後、友人らに支えられ復帰。偶然、通信制高校の先生から通信制高校の生徒が抱える課題に出会う。親や先生から否定された経験を持つ生徒たちと自身のバッシングされた経験が重なり、何かできないかと任意団体Dream Possibilityを設立。大阪の専門商社勤務を経て、2012年にNPO法人D×Pを設立。通信制高校の高校生向けのキャリア教育事業を関西で展開し、「ひとりひとりの若者が自分の未来に希望を持てる社会」を目指して行動している。
武田緑さん:Demo代表 / 教育コーディネーター / 人権教育・シティズンシップ教育ファシリテーター。民主的な学び・教育=デモクラティックエデュケーションを日本中に広げることをミッションとして、教育関係者向けの研修の企画運営、現場の課題解決のための伴走サポート、教材やツールの開発・提案、キャンペーンづくりなどに取り組んでいる。シティズンシップ教育、人権教育、オルタナティブ教育、学校と学校外の協働、子どもの参画、ファシリテーション、ワークショップデザインなどが専門。「教育」をテーマにした学校や教育委員会等からの依頼はもちろん、「まちづくり」や「人権」をテーマに行政や企業からの講師依頼も多い。現在は、関西を中心に全国の教員や教育関係者のネットワークづくりや、活動のサポートに取り組みつつ、NPO法人授業づくりネットワーク・理事、 一般社団法人はらいふ・理事、WEBマガジンここここ・編集長、NPO法人関西こども文化協会・東淀川区こどもの居場所づくりアドバイザーなどを兼任。
生徒が前のめりになる授業をつくる〜ICT×AL〜

3/21(土)13:00-14:00

【3/21(土)13:00-14:00】吉川牧人さん×小森一平さん
吉川牧人さん:静岡県立掛川西高等学校/研修課長・ICT推進委員長。地歴公民科教諭として世界史を担当。2014年から掛川西高校に勤務。2016年から研修課長、2017年からICT推進委員長。学校生活の中で生徒が主体的にICT活用をできるよう、「Google for Education」の採用などのICT環境の整備に尽力している。
小森一平さん:四條畷学園中学高等学校 6年一貫コース主任 地歴公民科(世界史、倫理担当)。授業を撮影して共有することで、生徒が反転学習に取り組めるようにするなど、ICTを駆使して個別最適化された学習をデザイン。それだけでなく、授業中に出す「問い」の質と、問いを出すまでの展開やタイミングなど、生徒たちの思考がアクティブになる授業設計にこだわる。生徒が「疲れて」帰る授業ではなく、「元気」になって帰る授業を目指し、日々授業改善に取り組み続けている。
苫野一徳さんスペシャルトーク
【3/22(日)14:30-16:30】苫野一徳さん×インタビュアー
苫野一徳さん:熊本大学教育学部 准教授
「多様で異質な人たちが、どうすれば互いに了解し承認しあうことができるか」ということが根底にあるテーマ。 代表的著書に『教育の力』『勉強するのは何のため?』『はじめての哲学的思考』『どのような教育が「よい」教育か』『「学校」をつくり直す』など。 近著には『ほんとうの道徳』『愛』。2020年開校予定の軽井沢風越学園理事。

フォーラムtopに戻る