みん職子育て教員サークル「ぱわわぷ」

サークル概要

【サークルが目指すところ】

・子育て中のママ・パパ教員(参加者)が、産休・育休中に【学び】、現場復帰の際にパワーアップしていることを目指す。

・ママ・パパ教員(参加者)が、【学び】を軸にした集まり(コミュニティ)を形成する。

・育児や家事でクタクタになっても、ふらっと立ち寄れる、ママ・パパ教員たちのよりどころになる場を作る。

サークルリーダー/世話人紹介

  • 冨増 いずみ (スカラママ)

    京都の私立高校で勤務しています。
    教科は、宗教科と国語科です。
    家族は、夫と娘が2人います。
    みん職はスタート時から会員です。
    以前は『月刊みん職』の編集長と、会員企画「スナックルイーダ」のママを勤めていました。

サークルに参加されている方の声

  • ・同じ悩みを相談できる仲間ができて心強かった。 ・性教育についての講座は、親としても教師としてもためになるものだった。 ・けテぶれは、子どもの宿題で困っていた先生の発案で行うことが決まった。講師の新井さんもみん職会員で、パパなので、気軽にいろんな質問をして話すことができ、おもしろかった。

これまでの活動

・家庭de性教育 講師:渡邉安衣子さん(助産師) ・けテぶれ 講師:新井雅人さん